レーザー脱毛みんなやってる!?
2019年6月3日

毛周期に合わせて施術する効率のよいレーザー脱毛

医療施設で利用できるレーザー脱毛は、毛周期に合わせて処理をするのが基本です。

レーザーは毛周期の中でも、成長期の毛に対して、よく反応します。毛周期には大まかに分けて成長期と退行期、休止期の3つがあり、毛が勢いよく生えている状態が成長期です。この活発な成長期を狙ってレーザー脱毛することで、効率のよい処理が可能になります。退行期の毛はもう伸びなくなった毛です。簡単に抜け落ちるのが特徴です。休止期は毛が毛穴から伸びていない状態ですが、毛根部分の機能は残っており、時間が経過すると再び毛が生えるようになります。

退行期と休止期の毛に対しては、成長期が訪れるのを待ってから、レーザー脱毛します。これを何度も繰り返すことによって、徐々にムダ毛が目立たなくなる仕組みです。毛周期は3ヶ月前後だとされていますが、人それぞれ体質や毛質が異なることから、若干のズレがあります。これに関しては医療施設のスタッフに尋ねるのが一番です。

その人の毛周期に合わせて、次回の施術を受ける期間を調整してくれます。施術回数が多くなるほど、毛が細くなっていきますので、来院する間隔が延びるようになります。3ヶ月の間隔が4ヶ月に延びるといった具合です。ここまでくると、レーザー脱毛の効果が高いレベルに到達したといってよいレベルです。もうしばらく通い続けることによって、ムダ毛に悩まされることが少ない、ツルツルで綺麗な素肌を手に入れられるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *